2002年9月8日

8月12日4年前に親戚から貰った月下美人の花が1個見事に咲きました。里帰りし
ていた娘一家も一緒に皆でその純白の姿の美しさ、それになんとも言えない芳醇な香りに酔いしれました。お泊りのお客様も加り「年に一度一夜だけ咲く月下美人の花を見られるとよいことがある、、」と言われながら嬉しそうに見ておられました。

翌朝あんなに綺麗だった花が萎んでいました。そのままごみ箱に捨てることには偲び
ず私は食べてみることにました。その味は以前食べたオクラの花に似た感じでヌルとして美味しいと思いました。「あんなに昨夜は皆で褒め讃えていたのに食べるなんて、、」と娘から咎められましたが、花はもう私のお腹の中です。

暑かった夏もアッと言う間に終わり 9月3日思いがけない嬉しい手紙が届きました。
8月7日札幌市で開催された国際書道展で私が特選に入賞したと言う知らせでした。この書道展は世界各国で開催されており今回初めて日本で開催されたのです。 


前後して、9月6日から始まった玖珠町美展の書道の部で町長賞を戴けました。書道を初めて6年目ですが4年間ご指導いただいた亡き安部先生はもちろん、その後を引き継いでいただいた、秋好瑞峰先生、篠崎流水先生、のご指導のお蔭で今度のダブル受賞に繋がったと感謝の気持ちでいっぱいです。


9月7日 又月下美人の花が今度は2個咲きました。私にツキを呼んでくれた上に祝福してくれて咲いたのかも?、、、と勝手に喜んでいます。明朝萎んだ花を少しずづでも皆さんと分けて食べましょう。 小さな幸せを願って、、、、

大分県玖珠郡九重町宝泉寺温泉

TEL(0973)78-8024 FAX(0973)78-8104