2002年5月22日(水)

今年は季節の訪れが早いと言われますが、
昨夜、お客さまが玄関に入るなり、

 
「今晩は、蛍は見られるでしょうか?」
 「そうですね、こんな暖かい夜がチャンスかも知れません」

 期待を抱かせつつ、中年のご夫婦を客室へ案内しました。

源氏蛍

食事も終わり、8時ですよと言う私との約束を守ってロビーに現れたお二人は、ご持参のお揃いの紺色の浴衣姿でした。見とれる私に
 
「蛍を見に行くのだから、、、」
とニッコリ。 
 私まで和やかな気持ちになってしまう。ご案内した、当館の裏の橋の上からみる川には、今年になって一番の沢山の蛍の出現でした。お客様の歓声を聞きながら、私はそっと蛍に言うのです。ありがとう、、と

宝泉寺温泉の近くでは、源氏蛍に始まり、平家蛍、姫蛍と三種類の蛍が見られます。それぞれが、時期を追って飛びますので、7月初めまでも観賞できるのです。なんと幸せなことでしょう。

 平家蛍の生息している所は集落の間の細い道を通り抜けた奥にある棚田でした。そこは別世界で、田んぼの稲の葉の上をひらひらと舞う平家蛍は涼風と戯れている様でした。上を見れば360度の満天の星空です。

 ご案内した、お客様が、いきなり道に仰向けになり、
「こんなきれいな星空全部目の中に入れて持って帰りたい、、、」
 そのあと私たちは、遠くの山の杉の木の上に2このUFOらしきものを見つけて大騒ぎしました。

今年も彼女から電話がありました。
「女将さん、又いつもの所に星と蛍を見に連れていってね、」
「いいですよ、でもね昨年すぐ近場で発見したんですよ!私が暗くなって犬の散歩をしていてね」
こんなに近くで平家蛍に逢えるなんて、嬉しい!

姫蛍

平家蛍

姫蛍のお話をしましよう。
姫と言う名のわりには、これもまた住む世界が、すごいのです。人里離れた、山奥の、杉林の中です。少し湿気のあるところでそんな所には、餌となる小さいかたつむりがいるそうです、広い杉林の中で何百かの小さな線香花火みたいな光が息を合わせてチカチカ光る様は、、神秘的としか言いようがありません。

  
私達の瞳の奥に特別な世界を描いてくれる、小さなスターたち
    今年も、よろしくね、、、

大分県玖珠郡九重町宝泉寺温泉

TEL(0973)78-8024 FAX(0973)78-8104