2003年5月30日

嬉しいですね!今年も沢山の蛍に逢えました。季節の流れは速く、もう半月も前から毎夜光のショーを繰り広げています。今年の蛍には特別な思いがあります。と言うのは2月に行われた裏の川の改修工事でもう蛍には逢えないかも?、、 と心配していたからです。蛍鑑賞の一番のスポットの橋の上流の葦を全部取ってしまったのですから、、私の願い叶って残してもらえた、橋から下流の葦の中に去年と変わらない数の蛍を見たときの嬉しさはなんとも言えませんでした。

それから もう一つ変わったこと それは満々と水を湛えた橋の上流 つまり山光園の窓の外にも蛍が飛んでくるようになった事、、、ある時には客室の窓から飛び込んで来てお客さんがとても喜んでいました。大体蛍は電灯の光が嫌いなはづなのに、、私なりに考えたことは蛍は 湛えた水面に写る自分を恋の相手と勘違いして追っかけているのかも、、と一人で楽しい想像をしています。この間迄は、葦と桑の木で流れの方が遠慮している感じだったのに、、

 でも岸辺にあった5本の山桑の木から毎年沢山の実を収穫して、果実酒やゼリーにしてお客さんに喜んで貰えたものです。「何処に桑の木があるの、、」と聞かれて、窓の外を指さして教える楽しさ、、失ったものは仕方ありません。その代わりに「昨夜満月が川に落ちていた、、感激したよ、、」と仰るお客様の声や、川の真ん中の石の上で一日中太公望を決め込んでいる若者を見るのもいいですね。専務夫婦が新しく棟続きに居室を改装して川の真上にテラスを作り 最初の訪問者が蛍だった、、と言っていました。 

いろいろな楽しみをくれる 清流町田川さん! これか
らも よろしく!

大分県玖珠郡九重町宝泉寺温泉

TEL(0973)78-8024 FAX(0973)78-8104