3月10日は私達の結婚記念日です。どこか行こう、、と言うことになり。 前夜、福岡市の住吉区にある小さな旅館を朝飯泊で予約しました。この旅館は以前からインターネットでお客さんの評価点がとても良いのです。それを自分達の目で確かめてみたいと以前から思っていました。当日の午後から出発して4時ごろ旅館に到着です。狭い路地を入った奥の 川縁にあり 普通の民家みたいな外観です。しかしこの場所にしては珍しく広い駐車場があり、
出迎えた女将さんはかなりのお年ですが、とても愛想が良いのです。ああこの方がお客さんの間で評判の良い「又あのおばあちゃんに逢いに行こう」と言わせる方だなと思いつつ部屋に案内される、、なるほど昔の作りそのままだけれど、綺麗に掃除が行き届いている、、古めかしい佇まいや丁度品に、懐かしさがこみ上げてくる 。
 
 一休して歩いて10分のキャナル
シティに出かける。久しぶりに映画を見ようと言うことになり13のスクリーンの中から「戦場のピアニスト」を選びました。若い人みたいにコーラにホップコーンをつまみながら見ました。戦場の中で生き延びてゆくことの難しさは息をのむばかりただただ引きずり込まれた2時間半でした。 

 終わったあと ラーメン街で食事を
済ませ、又歩いて旅館に帰りました。遅いのにもかかわらず女将さんが起きて待ってくれていて、お風呂までいただきました。翌朝美味しいと評判の朝食をいただきました。川に面した部屋でかもめや蜆とりの人を見ながらゆっくりと女将さんとお話をしながら昨日取ってきたという土筆の卵とじや干物のお魚が新鮮でした。帰り際女将さんが玄関に正座して挨拶をして下さったのに心をうたれました。
12日は松本市に住む初孫の高校入試ですので もう一度大宰府天満宮にお参りしょうと都市高速を降りました。梅の花は前回の時から見ればほとんど残っていませんでしたが、時節柄 沢山の参詣者で境内は溢れていました。
あれから10日後 孫娘から「合格したよ!!」と弾んだ声でかかてきました。嬉しさと同時にこれからの厳しい高校生活に思いを馳せてしまう私達です。

大分県玖珠郡九重町宝泉寺温泉

TEL(0973)78-8024 FAX(0973)78-8104